臨床心理士・高島 進    のブログ

臨床心理士である高島 進が、気付いたこと・発見したこと・学んだことなどを記します。必要な人に必要なタイミングで届きますように。

プロフィール

高島 進/臨床心理士

NPO法人 介護者サロン ハンド・イン・ハンド 副理事長

/米国NLP™協会認定NLP™トレーナー/心理健康相談員/浄土宗僧侶

出身:大阪/立命館大学神戸学院大学大学院

趣味:歩くこと、セミナーに参加すること、神社参拝

好きな言葉:流れに身をまかせる

 

 

対人関係の悩みや、自分自身の将来に対する不安、日常生活でうまくいかないこと、自分に自信がないことなど、様々な相談に対し、専門的な理論や技法を用いて相談者の前進・成長・発展を支援している。

 

就職活動・社会人1年目で体験した挫折

 

 小さいころから、本を読むことが好きで、特に日本史や歴史的な有名人、武将に関する本を読み漁っていた。一つの手法や技法にこだわらず、あらゆる角度から一つの現象をみようとする姿勢は、その時読んでいた本の主人公の立場に没頭していた経験から生じたのかもしれない。

 

 現在。心理職に就いているのは、大学生の時に就職活動に失敗し、卒業後に勤めた仕事が続かなかったことによる影響が大きい。当時、特にやりたいと思っていなかったことをやりたいことと思い込もうとして続けていたが、しんどくなり逃げ出すように退職する。その時、自分は何のために生きているのか、何が本当にしたいのかが分からなくなっており、その後も仕事やアルバイトを転々とする。

 

 介護職として働いているときに、働く人や介護をする側の人のケアが必要だと思い、心理学に興味を持ち勉強を始める。心理学ワークを通して、自分が何を感じているのか、また自分が何を感じることを禁じているのかに気付き、自分自身の感情や状態を見直した。学んでいるうちに、自分自身も楽になっていくことが感じられ、「ほかの人にも自分自身を見直すことの手伝いがしたい。」「人にも“楽に生きていく”ということを体験してもらいたい。」と思うようになる。大学院に入学しなおし、本格的に心理学を学び心理業界で仕事をすることを決意した。

自分の過去に経験した出来事は、失敗や挫折などではなく、その出来事そのものが生きるための戦略であり、自己実現にとって必要なものだと考えるに至る。また、その体験を自分の中で昇華することで、より客観性をもって相談者と接することができるようになり、それがお互いにとっての良い関係性である、ということがよくわかるようになった。

相談者の声/

・「話していて明るい気持ちになります。」40代女性、50代男性

・「頭が整理できた。」20代女性

・「気持ちが楽になる。」20代男女、30代女性、40代女性

 

活動実績・予定/

・自殺予防相談を3年継続している。

・米国NLP™協会認定コース アシスタント 1年

・2015年 単発セミナー「カウンセラーの臨床心理学」

・2018年~ 連続セミナー「傾聴セミナー」 高野山大学 難波サテライトキャンパス

 

相談者には、自分の人生の選択ができる喜びを味わってほしいと思います。ご自身で自分の道を選択される決意のこもった言葉を聞いた時、その場・その時間から軽くなるような、温かくなるような感じを受けることができます。

自分の感性に従い、自分で責任をもって選択をすることができる人が増えると、自然と自分の内面だけでなく、他者とも繋がることができる、つながりのある世の中となるでしょう。

私自身も、より自分を見つめていき、より楽しく、より楽に、自然に、皆さんとともに成長していきたいと思います。