CP高島の! 日々と気付きと時どき修験道

臨床心理士(CP)高島 進が、日々気付いたことを格好つけて記します。

場面と仮面

あなたはどのような人でしょうか?

就職活動などの自己紹介や自己PRなどでは必ずと言っていいほどよく見る質問です。

さて、このような質問にはどのようにお答えするとしましょう。

「私は太陽のように明るい人です」
「私は納豆のような粘り強い人間です」

 

なんだか就職活動の面接時の応答みたいですね(笑)
もちろん、自分をアピールすることが求められる場面で、上記のような返答はおおむね場面に沿った応答だといえるでしょう。

 

でも、太陽のように明るい人は、いつ何時、どこでであっても明るい人なのでしょうか?納豆のような粘り強い人は?

 

なんだか屁理屈を言うようですが、太陽のように明るい人も、悲しいことがあったら泣いたり暗くなったりするでしょう。納豆のような粘り強い人も、興味のないこと、する必要がないことにはさっぱりと対応するでしょう。

 

人間は、場面場面に応じてどういう立ち振る舞いをするのか、どういう雰囲気をかもしだすのか、などを変えていきます。

 

例えば家では厳格な父親、職場では腰の低い人、友達と食事をしているときは快活な人物、など場面によって、いわゆるキャラクターを変えているのですね。

 

このキャラクターを心理学の一部の分野では「ペルソナ」といいます。
ペルソナは仮面という意味も含んでおり、キャラクターを場面に応じて変えていくことは、「仮面を付け替える」という風に表現することもあります。

 

このペルソナは、付け替えて場に当たることが自然な状態なのですが、人間は不安定になると、最も安心できるペルソナにこだわり、それが外せない状態になってしまうことも起こり得ます。

 

そうなってしまうと、困ったことに、どこに行っても、だれと会っても、例えば真面目でないといけない、とかそういう事態が発生します。
それは非常にしんどい生き方になる可能性が高い。

 

そういう時は、ふと、今自分がかぶっている仮面はどんな仮面なのか、そして今この場面にふさわしい仮面なのか。

 

ほんのちょっと、自分を観察するように眺めてみれば、新しい何かに気付くことができるかも!?